イベント・セミナー
Event / Seminar
開催日 8月1日(木)

【トモラク × スカイディスク共催】多品種少量化の時代を生き抜く中堅・中小企業のDX活用法【8月1日】

イベントお申し込み

現代の製造業界は、多品種少量生産の時代に突入し、中堅・中小企業が生産性を向上させ、競争力を維持するためには、デジタルトランスフォーメーション(DX)の導入が不可欠です。

このセミナーでは、設計管理(BOM/図面管理)・次世代AI生産スケジューラで多くのDX実績をもつトモラクとスカイディスクが共催し、DXを活用した中堅・中小企業の生産性、競争力、業績改善のヒントをご紹介します。

こんな方におすすめ:

  • DX推進を検討している中堅・中小企業の経営者や製造現場のリーダー
  • 生産管理担当者や設計担当者
  • 現在のシステムに課題を感じている方

こんなことを話します:

  • 市場環境と中堅・中小企業がDXを導入する重要性
  • 製造業DXの全体像
  • 効果的な生産計画と設計管理の実践方法や具体例
  • DXの未来像 ~AI活用の最前線と今後~

講師プロフィール
田中 大介/トモラク株式会社代表取締役。慶應義塾大学卒業後、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現日本アイ・ビー・エム株式会社)入社。製造業の業務・システム改革のコンサルタントとして生産管理システム構築などに従事。同社退社後は株式会社アペルザを創業(同社取締役)。これまで約20年に渡り、製造業の業務支援に従事。

後藤 健太郎/株式会社スカイディスク、取締役CSO。ニューヨーク大学大学院修了後、メリルリンチ日本証券、ヒューロンコンサルティング等で活躍。新規事業開発から財務まで担当し、大手企業の事業・マーケ支援に従事し、現在はスカイディスクCSOとして戦略推進を管掌。

※ 同業他社およびその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。
※ お申込が多い場合は早期に受付終了、あるいは抽選をさせていただく場合がございます。

※ お申し込みに際しては、下記プライバシーポリシーをお読みください。お申し込み頂いた際は、同意頂いたものとさせていただきます。

  • 開催日

    8月1日(木)11:00~12:00

  • 定員

    100名

  • 参加費

    0

  • 会場

    Zoom(オンライン配信)