イベント・セミナー
Event / Seminar
開催日 7月24日(水)

複雑化する事業環境の変化に立ち向う生産管理のヒント【7月24日】

イベントお申し込み

中小製造業が、不確実な時代を勝ち抜くには?

サプライチェーンの混乱、相次ぐ品質不正問題、EV化の進展、半導体需要の増加、原材料費の高騰、人手不足などの複数の要因が複雑に絡み、中小の製造業を取り巻く環境は、不確実性が高まっています。また、消費者ニーズの多様化とプロダクトライフサイクルの短期化により、変種変量生産が急増するなど、製造業の現場はますます複雑化しています。
このような環境下で、要件定義に1年、開発・改修に1年かけ、2年前の状況に合わせて開発された生産管理システムが、一体どれくらいの期間まで機能し続けるでしょうか?多様なニーズに応えるためには、効率的で柔軟な生産管理が不可欠です。

私達はこの課題に向き合い、独自開発AI搭載の生産計画DXソリューション「最適ワークス」を中堅・中小企業様向けに新バージョンをリリースします。

「データなし」から2ヶ月で運用!?最適ワークスがもたらす生産管理の変革

従来の生産スケジューラでは、大きな初期投資、変化への適応、システム化のための実績収集など、高い導入ハードルがありました。一方で、最適ワークスは、導入企業が自ら設定・運用・改善を進めることを支援します。
新バージョンでは、生産計画の自動立案に加えて、実績管理・予実比較まで実装。生産性向上のためのPDCAをサービス内で完結できることで、形骸化しがちな生産計画が、従来よりも「素早く」「容易に」機能するようにアシストします。

生産計画のシステム化に必要なデータが全く整備できていなかった中小製造業様で、2ヶ月足らずで運用を開始する事例が出ています。
本セミナーでは、新バージョンの狙いや最適ワークスにかけた思い、今後の展望についてCEOの内村安里がご案内します。

こんな方におすすめ:

  • DX推進を検討している企業の経営者
  • 生産管理担当者や製造現場のリーダー
  • 現在の生産管理システムに課題を感じている方

こんなことをお話します:

  • 最適ワークスは従来の生産スケジューラや他のソリューションと何が違うのか?
  • 最適ワークス導入による成果
  • 最新アップデートに込められた思いとビジョン
  • 今後の展望とさらなる進化の方向性

※ 同業他社およびその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。
※ お申込が多い場合は早期に受付終了、あるいは抽選をさせていただく場合がございます。

  • 開催日

    7月24日(水)11:00~12:00

  • 定員

    100名

  • 参加費

    0

  • 会場

    Zoom(オンライン配信)